ピュテアス|イギリス生活

チェプストウ城|オールド・ワイ・ブリッジ

前回の記事、「展望台イーグルズ・ネスト|古代の森ウィンドクリフ・ウッド」の後、チェプストウの市街地と古城まで足をのばしました。

Contents

タウン・ゲートと街並み

まずは「タウン・ゲート(The Town Gate)」から街の中へ。地元では「タウン・アーチ(The Town Arch)」と呼ばれるそうです。

The Town Gate

「タウン・ゲート」は、元々、13世紀後半「ポート・ウォール」と共にに建てられました。

「タウン・ゲート」は、防衛と徴税のための「ポート・ウォール」を通って町に入るための唯一の陸の入り口で、町や市場に訪れる人々の通行料を徴収する場所だったそうです。

現存するものは主に16世紀に作られたものですが、何度か修復されたり、一部が建て直されたりしています。

ちなみに「チェプストウ」とは、古英語で「市場」という意味なんだそうです。

タウン・ゲートから街の中へ入ると(現在は通行料を徴収されたりはしませんよ)、こじんまりとした雰囲気の街並みがありました。

オールド・ワイ・ブリッジ

「オールド・ワイ・ブリッジ(Old Wye Bridge)」は、「タウン・ブリッジ(Town Bridge at Chepstow)」「チェプストウ・ブリッジ(Chepstow Bridge)」とも呼ばれます。

この橋は、ウェールズのモンマスシャーとイングランドのグロスタシャーの間を流れるワイ川(River Wye)に架かっています。

ここには、ノルマン時代から木製の橋が架けられていましたが、現在の橋は、1816年に建設された鋳鉄製のものです。

「リージェンシー様式」と呼ばれる様式をとっています。

1816年、建設当時の風景画
This high water view of the Cast Iron Bridge erected over the River Wye at Chepstow in the year 1816(Wikimedia)
今もそのまま残るオールド・ワイ・ブリッジ
Bridge over Wye(Wikmedia)

5つのアーチが印象的です。

1812年、木製の橋だった時代の風景画。奥にはチェプストウ城の遺跡。
A view of the bridge over the River Wye, and the ruins of the Castle at Chepstow; 1812(Wikimedia)

またこの橋のかかるワイ川は、世界で最も潮の干満が激しい川の一つです。

満潮時と干潮時で、水位が15メートル近くも変わるそうです。

潮の引いた後だったので、このように泥々でした。

それでも川沿いでは、ベンチに腰掛け、景色を眺めながらリラックスしている人が沢山みられました。

チェプストウ城

チェプストウ城は、ヘイスティングスの戦い(1066)の1年後ウィリアム征服王(ウィリアム1世)の要望で、彼の親しい友人(ウィリアム・フィッツ・オズバーン伯爵)によって築かれました。955年前のことです。

チェプストウ城は、ローマ時代以降に現存する、英国最古の石造りの城です。

ワイ川を見下ろすこの城は、非常に戦略的な位置にありました。

12世紀には、イングランドがウェールズ独立王国であるグウェントを征服する際に使われました。

その後は大富豪によって所有されたのち、16世紀になると軍事的な重要性は薄れ、一部は家庭用にアレンジされました。

17世紀、イングランド内戦の際には再び要塞として使われましたが、18世紀までには廃墟と化していたそうです。

18世紀末頃のチェプストウ城
Chepstow Castle – 1795年頃 (Wikimedia)

この日は17時を過ぎていたため、城の中に入ることは出来ませんでした。

代わりに城の周りを歩きましたが、横から見ると更に城の大きさがよく分かりました。

城の周りには緑豊かな散歩道が続いていました。

ここもワイ・ヴァレイ・ウォーク(Wye Valley Walk)の一部のようです。

一番下がここチェプストウで、その上がイーグルズ・ネストとなっているので、そのまま進むとまたイーグルズ・ネストへ辿り着いていたのかもしれません。

・・・・・・・・・

いかがでしたか?

チェプストウの魅力を少しでもお伝えできていたら幸いです。

イギリスの様々な場所へ訪れる際に、やはり気になるのがその地の歴史です。どこもイギリス史と密接に関わっており、その痕跡が残っていることも多いので、興味深いです。

何かを調べた時に、決まって目を通す本があります。

イギリスの歴史が2時間でわかる本 長大な歴史と重厚な文化を持つ英国がたどってきた道のりとは―― (KAWADE夢文庫)

手のひらサイズの小さな本ですが、ストーンヘンジからサッチャー政権までのイギリスを象徴する歴史事項が簡潔にまとめられています。

調べた内容と照らし合わせることで前後関係を整理できるため、理解が少し深まるのです。

気になる方はぜひ手にとってみてくださいね。

それでは、今日はこのへんで。

肩を寄せ合うカップル – チェプストウ城近くの散歩道にて
Contents
閉じる